小学生から大人まで、なってみたい職業として人気の高いネイリストの仕事。
学歴や年齢関係なく、誰でもチャレンジできる点も魅力です。

ネイリストを目指してみようかな、そう思ったら、ネイリストの業務について詳しく知っておきましょう。
内容を知れば知るほど、憧れが増していきますよ。

  ネイリストってどんな仕事をしているの?

ネイリストのイメージといえば、椅子に座ってお客様の手元へネイルを施術しているイメージですよね。
ですが、実際はそれだけではありません。

掃除や電話応対、お茶やマッサージのサービスまで、お店の運営すべてへ携わります。
ネイルに使用するペーパーを切る作業などの小さな仕事から、難しいデザインの提案、施術まで、すべてがネイリストの仕事なのです。

店長などの役職になれば、売上管理やネイル用品の発注、ネイリストへの指導、会議の出席など、経営関係の仕事も増えてきます。
もちろん、施術以外の接客も大事です。

お客様との会話を楽しめるよう、トーク術を磨いたり、最新ニュースからトレンドファッションまで、幅広い知識を持ったりする必要があります。
華やかな世界に見えますが、その裏ではアシスタントから店長まで、一人ひとりが努力している、ということが分かりますね。

ネイルの流行りはシーズンごとに変わるもの。
技術を磨くため、仕事が終わった後も練習を行っている、そんなネイリストも多いですよ。

  ネイリストを目指すために必要な技術とは

ネイリストの求人を探す時には、ネイリスト資格が必要となります。
無資格でも仕事はできますが、ネイリスト専門求人サイト「アットネイルズ」などの求人情報をみていると、資格所持者が圧倒的に優遇されます。
最低でもネイリスト検定2級以上、ジェルネイル検定中級以上、を取得しておきたいですね。

※ネイリスト技能検定についてはこちらを参照ください
http://nail-kentei.or.jp/about/about.html

資格があるだけで、求人の幅が一気に広がります。
働きたいサロンで採用されるためにも、しっかりネイルスクールで学んでから応募しましょう。

また、実際にお店へ立つと、初心者ネイリストは緊張してしまいがちです。
サロンワークが学べるネイルスクールで、事前に経験を積んでおくと安心ですよ。

  さいごに

ネイリストが務める仕事の内容は、多岐にわたります。
大変さはありますが、その分満足感や達成感を感じられるでしょう。
学んだことや、頑張ったことが無駄にならないのも嬉しいですね。
お客様への応対や技術、自分自身の魅力など、すべてを磨き上げ、愛されるネイリストを目指しちゃいましょう。