ネイリスト志望者にとって、扉の向こうは未知の世界。
お客様として訪れたことがあっても、 「ネイリストってどんな1日を送っているの?」 「出勤時間は?休日は?」 など、分からないことばかりですよね。
ここでは、ネイリストの一日を追いかけて、そのお仕事風景をチェックしてみましょう。

  出勤

ネイリストは朝の遅い職業です。
10時~21時程度まで営業しているサロンが多く、早番であれば9時から、遅番であれば13時から、といった二交代制となることが多いでしょう。
起床時間、就寝時間がまちまちになるため、早めにリズムを作ることが大切です。

  お店の清掃・予約の確認・朝礼やミーティング

早番のネイリストがお店へ出勤したら、まず行うのが掃除です。
お客様を気持ちよく迎えられるよう、隅から隅までピカピカにしたいですね。
掃除が済んだら、朝礼、ミーティングが行われます。

その日の予約を確認し、仕事についての伝達が店長からあるでしょう。
1日の流れを知るためにも、聞き漏らさないようにし、元気なあいさつで一日をスタートさせてくださいね。

  開店・案内・電話応対・施術

お店をオープンさせたら、予約のお客様や飛び込みのお客様がやってきます。
受付担当のスタッフがいる場合もありますし、ネイリスト自ら受付に立っている店舗もありますよ。

特に飛び込みのお客様は、施術開始時間、終了時間を気にしています。
受付時に、目安の時間を伝えられるようにしましょう。
働き初めの頃は、お客様の案内、電話応対、ネイルに必要な消耗品の準備や、補充なども大事な仕事です。

手元の仕事に集中しながら、先輩の仕事ぶりを目で盗めば、早く上達できるでしょう。
施術は、オフのみ、オフ&ベースのみ、など次第に任される仕事が増えていきます。
自宅での練習を欠かさず、お客様相手の仕事に慣れていきたいですね。

  片付け・閉店

すべてのお客様が帰られたら、片づけをし、閉店作業を行いましょう。
使ったものはもとの場所へ戻し、店内を清掃します。
閉店後に、自主練習をさせてくれたり、研修会などを開いていたり、といったサロンもありますよ。

  休日

ネイルサロン自体に定休日が無い場合、休日は主に平日となります。
他のネイリストと交代しながら週休2日程度となるサロンが多いでしょう。
希望の日に休めるのか。
有給などはどうなっているのか。
といった気になる点は、面接時に確認しておきましょう。

自分から聞くのはちょっと……という場合は「アットネイルズ」を利用すれば安心です。
就職コーディネーターが、ネイリストに変わって、交渉面を担当してくれますよ。

  さいごに

ネイリストの1日は、お客様を中心に、忙しく流れていきます。
流れを早くつかむことで、速やかな対応ができるようになるでしょう。

てきぱき笑顔で働いているネイリストは見ていて気持ちが良いものです。
やりがいを存分に感じながら、楽しい毎日を過ごしてくださいね。